Machine to Machine

ボーダフォン グローバル M2M

Jump to next section

ボーダフォン マシン・ツー・マシン(M2M)とは

ボーダフォン M2Mについて

M2Mは、機器やデバイスをインターネット接続することで、様々なモノと通信 ができる「インテリジェント」資産へと変革させ、モノのインターネット化(IOT)を押し進 めていきます。従来、個別に稼動していた機器やデバイスを、人手を介すことなく相互に接続することで、企業は顧客に新機能やより 一層充実したサービスを提供することできます。M2Mの普及はグ ローバルレベルで、年々加速化してます。M2M技術の活用 により、企業はリアルタイムで特定のリモート資産が使用状況を確認することができ、製品性能の改善、コストの削減、新サービスの 提供を実現できます。企業は、国内だけではなくグローバルで新たなビジネス機会を拡大し、顧客満足度を向上することできます。

M2Mは、まさに次世代の変革を起こすテクノロジーだといえます。グローバル レベルでのM2M普及の加速化に伴い、日本企業が国内外の同業の企業と差別化を図る上 で、M2Mの導入が今後のビジネスの成功を左右する重要な鍵を握っていると言っても過言ではありません。ボーダ フォンは、日本企業がM2Mソリューション・サービスをグローバルで円滑に導入し、最大限に活用で きるように支援させて頂きます。

ボーダフォンは1982年の創業以 来、事業分野及び規模を拡大し続けており、現在では音声通信、メッセージ通信、データ通信、固定通信など広範なサービスを展開し ています。モバイル通信では26 ヶ 国で自社ネットワークを展開し、さらにその他の 54 か 国でも各国パートナーネットワークと提携しています。またM2M分野におい ては、ボーダフォンは約20年以上の実績があり、M2M事業部門と して全世界で約1400名の専任スタッフがいます。自動車、製造業、ヘルスケアエネルギーなど 多岐に渡る業界の大企業及び中小企業が、ボーダフォンのM2Mソリュー ション・サービスを活用しています。ボーダフォンは、M2M通信接続に 加え、M2M専用通信ターミナルのハードウエア及び用途に応じたアプリケーションとの統合により、エンドツーエン ド でM2M のソリューション・サービスを提供しています。

   M2M普及状況調査レポート2015

当社は昨年に引き続き、英国のCircle Research社に委託し、16カ国のグローバルの650社以上の企業の責任者 を対象としたM2Mの普及状況に関する調査を実施しました。本調査は、7つの主要業界の動向を網羅しており、これまでにはない視点からM2Mの全体像を把握することができます。英国の調査会社 Analysys Masonの主席アナリストによる解説も掲載しました。今回の調査では、中小規模企業も対象に追加されています。各業界におけるM2Mの普及状況をご理解頂き、M2Mに対する自社のポジションを分析し、ビジネスの変革のためにM2M導入を検討するための参考資料として本レポートを ご一読下さい。

   M2M ホワイトペーパー

本書では、M2Mワイヤレスコミュニケーションの要素を背後で支える主要なビジネスドライバーについて検証し、さらにM2Mテクノロジーを、世界規模で効率よく導入する方法を紹介します

ソリューション概要

ソリューション概要

グローバルM2Mサービスプラットフォームは、ボーダフォンによって一元的に設計およびホスティングされた専用データプラットフォームです。M2Mソリューションの大規模かつ多国展開用に最適化されており、ボタンを押すだけで各デバイスの起動や一時停止、停止などを集中制御できる、お客様用のセルフサービス・ポータルが含まれています。

主要機能と導入メリット

主要機能と導入メリット

より卓越した顧客体験を提供することは、私共の重要な戦略であり、接続されたM2M製品をお届けさせて頂きます。ボーダフォンでは、お客様のM2M展開を支援するための経験豊富なグローバルM2M専任チームを配備しております。お客様と協業することより、そのビジネスニーズと達成目標を十分に理解した上で、いかにM2M技術をお客様に適用できるかを評価します。事前のプロビジョニングを行い、すぐ使用できる状態のグローバルSIMを提供させて頂くことで、お客様側でのM2Mソリューションインストール、配備、展開を大幅に簡素化することができます。ボーダフォンは、世界最大規模の携帯通信ネットワークを保有しており、ソリューションの設計や機能面に関して直接的に大きな影響力を持っています。また、お客様のニーズおよび特別の要望に合致したSLA(サービスレベルアグリーメント)によって、M2Mソリューションをサポートします。